FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

狂言体験

 2013-01-25
IMG_5366 (640x479)
先日、ルネッサながとでの『万作・萬斎狂言公演』に行ってきました。
バアちゃん子で育った私、
狂言をはじめ歌舞伎落語といった伝統芸能を心待ちにしていましたので、
喜び勇んで飛び上がっての申し込みとなりました。
興奮しすぎて現地に一時間も早く着く始末です、、。
(ちなみに23日の日曜日には光市民ホールにて上方落語/『桂米朝一門会』がありますよ)
最近は映画『のぼうの城』が大ヒットということもあり、
野村萬斎師人気も一段と高まっているように感じます。
この日も狂言を初めて見るというお客さんが多く、
人気者を一目みようと満員混雑の熱気ムンムン会場でした。
歌舞伎と違い、簡素な舞台装置。
落語と違い、デフォルメされた大きい動きの数々。
ちょうど二つの芸能の間をとったコメディと言えるでしょうか。
もちろん共通の演題も多く、アニメ『一休さん』で見たトンチ話もあります。
初めての人でもいきなり爆笑できる舞台です。
落語とも共通する、脳内で補完し広がる情景描写。
日本文化の素晴らしさを(いい意味で)手軽に味わえます。

IMG_5369 (640x480)
今回は本公演前に狂言教室がついていました。
舞台で見ていたあの方々が実際に指導してくれるというものです。
実際に舞台に上がって狂言の所作とセリフを体験できる20名と、
その一連を客席で見学できるという二つの形態です。
日頃から体術の到達点を目指しトレーニングする者として、
長い年月磨かれた体術系統から裏付けをとるのだ!
ま~、
そんなことはどうでもよくて、
あの役者さんたちに手ずから指導してもらえる!
(実際基本ポーズを手直ししてもらった感動たるや、、、)
とか、
舞台上でスポットライトを浴び演者気分に浸る。
とか、
役者さんの所作を後ろからかぶりつきで堪能できる。
とか。
ただ単純にイチ狂言ファンとしてゾクゾクしっぱなしでした。
もし狂言に興味が湧いて行ってみようかなと思ったら、
体験教室があるかどうか、少し気にしてみるといいかもしれません。
オススメです。
そしてこれを覚えて帰ればもう狂言通、、
というわけではありませんが。

「こーのーあ~た~り~のー、も~のぉ~でぇ~ごーざーるぅー」
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kouryumura.blog66.fc2.com/tb.php/1470-24ec084c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。