FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

第15回海っ子アドベンチャーチャレンジ

 2013-01-21
今月の『海っ子』アドベンチャーチャレンジは、
『チームつなわたり』です。
『チームきのぼり』に続いてチームもの。
チームと言っていますが、
結局は『遊び』です。
一人では難しい綱渡りをいかに簡単でオモシロいものにするか。

考えに考えた結果がこちら。

IMG_5396 (640x480)
一人でしっかり綱渡りできる子も、
触るのも怖いって子も、
レベル関係なく一緒にトライできます。
そして気づけば知らぬ間に全員が課題をクリアしています。
IMG_5410 (640x480)
最初はこわごわトライしていましたが、
慣れてくれば色々な遊びが生まれます。
そして長時間綱の上にいられるので、
従来の一本の綱渡りよりも効率よく不安定に慣れることができます。
長時間不安定にいるということで、
脳や筋肉を刺激する効果も大きく、
大人がこの遊びに巻き込まれるとすぐにクタクタです。
従来の綱渡りよりも疲れ方がひどいです。

IMG_5433 (640x480)
最初はチームでやることが難しいとか、
文句ばっかり滑ったの転んだの言っていた子供たちですが、
陣地取りのジャンケンゲームを始めたら目の色が変わりました。

綱渡りしながらジャンケンはとても難しいです。
脳の違う部分に同時にアクセスしなければなりません。
綱渡りがうまくなるとジャンケン弱い。
ジャンケン強いと綱渡り上手くならない。

ボディバランスあってこその技術。

ジャンケンに自分の運命を乗せてきた子供達には試練です。
これはヨット操船や高所作業等の水平思考と似ています。
『安定したい』という生存本能と、勝負に作業。

女の子はみんなジャンケンが強いですね。
危機的環境下にあっても勝負は冷静という印象です。
運動能力にモノを言わせる男ども(それじゃーグーしか出せないよ)の攻勢を
ジャンケンの強さで防いでいました。(男どもいいかげん気づけよ)
男どものあまりのジャンケンの弱さに笑いが止まりませんでした。
もちろん最初から両方できる子もいます。
グーしか出せないように誘導していく様は感心しました。

私はジャンケンが弱いですから。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kouryumura.blog66.fc2.com/tb.php/1466-d808e31f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。